山形旅1

夏になると東北に行きたくなる。
2018年8月7日〜10日まで
3泊4日でゆっくり山形県内を楽しんできました。


8月7日。

レンタカーを借り、東京から約5時間半。

ついた頃はお昼すぎ。米沢市へ。
米沢ラーメンを食べました。

f:id:hamaziappo:20180807134733j:plain

ひらまというお店。
のどかな、田んぼの真ん中にありました。

f:id:hamaziappo:20180807140454j:plain

細いちじれ麺。美味しい!



山形市の花笠祭り。
f:id:hamaziappo:20180807180606j:plain


f:id:hamaziappo:20180807183705j:plain
お祭りの前に名物「どんどん焼き」。
箸で巻かれたお好み焼きのようなもの。
具材はのりとソーセージ、そしてたっぷりソース。
ソースの酸味でむせてバッ!となりました。
ボリュームありました!


花笠祭り。

f:id:hamaziappo:20180807184804j:plain

子供や企業、たくさんの団体が参加。
花笠音頭に合わせてとても楽しそう。

私たちは少し見て満足!
早めに会場を離れ食事をする事に。


f:id:hamaziappo:20180807195906j:plain
スズランというお店。

何を食べても美味しかった。

f:id:hamaziappo:20180807203231j:plain



f:id:hamaziappo:20180807204703j:plain


f:id:hamaziappo:20180807204251j:plain
こちらは、ひょう というめずらしい食材。
こちらはなんとスベリヒユでした。
畑などにはって生える雑草です。

甘めのからし醤油で味付けしてあります。
歯ごたえがあって美味しかった!

ひょうは他の直売場等でも乾物で見ました。
山形では夏の間にスベリヒユを干して保存食に。
冬にぜんまいのように味付けして使うそう。

ちなみにスベリヒユに似た毒草もあるそうなので
知識なく食べないようにいたしましょう。
食べないか。


豪雪地、土地の生活土地の味が垣間見えました。



f:id:hamaziappo:20180807213951j:plain

お土産に手作りのさくらんぼ酢、桑の葉の粉末、さくらんぼジャムも購入。

味は大満足!そしてほっとするお店でした。