若冲展へ

f:id:hamaziappo:20160428181438j:plain

 

4月28日連休突入前にと、

東京都美術館「生誕300周年記念 若冲展」へ行ってきました。

 

平日の午後、雨降りなのに大勢の人が。会場までは40分待ちの行列でした。

会場に入っても人だらけー。

鑑賞するにも人の波に乗りながら、並びながら、隙間を探しながらと

もうえらいこっちゃでした。

人が近いから人の評価の声も聞こえる。

耳をふさぎながら作品を見ようと必死。

もう後半は笑えてくるほどでした。

 

それでも作品はエネルギーが強く、

とても素晴らしく、行って良かったと思いました。

全く300年という時を感じられない鮮やかさ。

肉筆を目の当たりにできて感動的でした。

 

 

そして、奇跡は閉館15分前に訪れました。

 

閉館15分前、もう一度見直したいと再度会場へ。

なんとガラガラ。

先ほどの祭り状態が嘘のように空いていました。

 

一堂に揃った、釈迦三尊像動植綵絵をゆっくりと見れ、

人の山で見落としていた作品も発見したり、

満足するほどに鑑賞することができました。

 

f:id:hamaziappo:20160428181631j:plain

 

 

帰りの上野の森はしっとり静か。

へとへとになり、ご飯を食べて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする